ツメノめ

本内容は「せいじん」を対象とし、一部過激な思想、表現を用いています。

書評

アーサー・C・クラーク 著『幼年期の終わり』書評Ⅲ

読みやすさ:9おもしろさ:8意味ぶかさ:6※10点満点での評価※

ポーリーヌ・レアージュ 著『O嬢の物語』書評Ⅰ

読みやすさ:3おもしろさ:5意味ぶかさ:10※10点満点での評価※

アーサー・C・クラーク 著『幼年期の終わり』書評Ⅱ

読みやすさ:9おもしろさ:8意味ぶかさ:6※10点満点での評価※

島尾敏雄 著『贋学生』書評Ⅲ

読みやすさ:7おもしろさ:7意味ぶかさ:5※10点満点での評価※

アーサー・C・クラーク 著『幼年期の終わり』書評Ⅰ

読みやすさ:9おもしろさ:8意味ぶかさ:6※10点満点での評価※

島尾敏雄 著『贋学生』書評Ⅱ

読みやすさ:7おもしろさ:7意味ぶかさ:5※10点満点での評価※

広津和郎 著『神経病時代』書評Ⅱ

読みやすさ:5おもしろさ:5意味ぶかさ:6※10点満点での評価※

島尾敏雄 著『贋学生』書評Ⅰ

読みやすさ:7おもしろさ:7意味ぶかさ:5※10点満点での評価※

サマセット・モーム 著『月と六ペンス』書評Ⅲ

読みやすさ:8おもしろさ:8意味ぶかさ:8※10点満点での評価※

ロジェ・カイヨワ 著『遊びと人間』書評Ⅱ

読みやすさ:4おもしろさ:3意味ぶかさ:8※10点満点での評価※

広津和郎 著『神経病時代』書評Ⅰ

読みやすさ:5おもしろさ:5意味ぶかさ:6※10点満点での評価※

サマセット・モーム 著『月と六ペンス』書評Ⅱ

読みやすさ:8おもしろさ:8意味ぶかさ:8※10点満点での評価※

サマセット・モーム 著『月と六ペンス』書評Ⅰ

読みやすさ:8おもしろさ:8意味ぶかさ:8※10点満点での評価※

折口信夫 著『反省の文学源氏物語』書評Ⅱ

読みやすさ:3おもしろさ:2意味ぶかさ:9※10点満点での評価※

大江健三郎 著『他人の足』書評Ⅱ

読みやすさ:7おもしろさ:5意味ぶかさ:8※10点満点での評価※

アリストテレース 著『詩学』書評

読みやすさ:8おもしろさ:2意味ぶかさ:5※10点満点での評価※

大江健三郎 著『他人の足』書評Ⅰ

読みやすさ:7おもしろさ:5意味ぶかさ:8※10点満点での評価※

木山捷平 著『酔いざめ日記』書評Ⅱ

読みやすさ:9おもしろさ:5意味ぶかさ:5※10点満点での評価※

折口信夫 著『反省の文学源氏物語』書評Ⅰ

読みやすさ:3おもしろさ:2意味ぶかさ:9※10点満点での評価※

ロジェ・カイヨワ 著『遊びと人間』書評Ⅰ

読みやすさ:4おもしろさ:3意味ぶかさ:8※10点満点での評価※

木山捷平 著『酔いざめ日記』書評Ⅰ

読みやすさ:9おもしろさ:5意味ぶかさ:5※10点満点での評価※

ジョルジュ・バタイユ 著『供犠的身体毀損とフィンセント・ファン・ゴッホの切断された耳』書評Ⅱ

読みやすさ:1おもしろさ:3意味ぶかさ:10※10点満点での評価※

武田泰淳 著『ひかりごけ』書評Ⅳ

読みやすさ:6おもしろさ:5意味ぶかさ:8※10点満点での評価※

武田泰淳 著『ひかりごけ』書評Ⅲ

読みやすさ:6おもしろさ:5意味ぶかさ:8※10点満点での評価※

ジョルジュ・バタイユ 著『供犠的身体毀損とフィンセント・ファン・ゴッホの切断された耳』書評Ⅰ

読みやすさ:1おもしろさ:3意味ぶかさ:10※10点満点での評価※

武田泰淳 著『ひかりごけ』書評Ⅱ

読みやすさ:6おもしろさ:5意味ぶかさ:8※10点満点での評価※

武田泰淳 著『ひかりごけ』書評Ⅰ

読みやすさ:6おもしろさ:5意味ぶかさ:8※10点満点での評価※

ガルシア=マルケス 著『予告された殺人の記録』書評Ⅱ

読みやすさ:8おもしろさ:8意味ぶかさ:8※10点満点での評価※

ガルシア=マルケス 著『予告された殺人の記録』書評Ⅰ

読みやすさ:8おもしろさ:8意味ぶかさ:8※10点満点での評価※

大岡昇平 著『野火』書評Ⅲ

読みやすさ:6おもしろさ:4意味ぶかさ:8※10点満点での評価※